助けて…。誰か助けてください…

投稿日:

私は無職になって社会の厳しさ、現実の厳しさと直面していた。落ちるとこまで落ちたな…。家賃2万5000円の賃貸さえ借りられないなんて。社会から見たらそれくらい信用がないってことやろね。

大学生とかでも借りられる部屋が借りられない34歳シングルマザー。うつだったけど、更に落ち込む事態。不動産屋の人も思ったかもしれんね、この人よくもまあこんな無職で家借りに来れたな。って。

もし内定とか決まってたら借りられます。その時は採用通知書とか出していただければ…。って。大丈夫です。どっこも受けてもないし、どっこも働く場所もありません。そもそもこんな状態で働けるん?

うつのせいかわからんけど、なんか嫌なことあると→前のことを思い出す→私はだめや→落ち込むの永久ループに陥る。家に帰る途中。なんとなく公園に寄った。私も家に帰りたくなかった。

母に迷惑かけるから。少しでも遅く帰ろうと思って。それにしてもただ歩いてるだけやのに、めっちゃしんどい。随分と衰えたもんやな…。こんなボロボロな体でも昔は介護の仕事してたのに。昔っても数ヶ月前やけど。

ひとり公園で物思いにふける。仕事してた頃は輝いてはなかったけど、普通に幸せやったなぁ。家族で食事して休みは息子の好きなサイゼ行ってイオンで息子の靴とか服見て、誕生日にはゲーム買ったり。そんな日々でよかったのになぁ…どうしてこんな事になってしまったんやろ…

© バツイチシングルマザーゆうこの貧乏ブログ , 2022 All Rights Reserved.