体に起きた異変。母親失格!!!

投稿日:

今思っても本当に最低な母親だったかもしれない。だって母親らしいことなんて何もしてあげれてなかった。うつになる前は一緒に買い物に行ったり、息子が欲しがってた任天堂Switch買ってあげて一緒に遊んだりもした。裕福には程遠かったけどそれでよかった。

確かに父親はいなかった。それでも家には笑顔があって、あったかい家庭。別に話したいことも気を遣わず話したりできたし。ゲームに夢中になりすぎて宿題やってない時は叱ったし、テストでいい点取った時は褒めたりもした。

息子の大好きなサイゼリヤとか、びっくりドンキーにも一緒に行った。息子はサイゼ大好きで…安くて助かる。何やっけ?イオンで欲しがってた靴とかも買ったりして。クラスで流行ってりするんやって。

そんな日々が幸せやったんやな。はは。もうその全てがしてあげられない。息子が私に気を遣う。どっちが親かもわからん。私は何もしてあげられない自分に対するストレスなのか怒りなのかわからんけど、不眠症にもなって…。ついに体にも異変が起き始めた。

髪の毛の抜ける量が多くなった。それも驚くほどに。耳の上らへんがハゲ始めた。円形脱毛症。34歳で円形脱毛症。仕事も行けなく。家事もできなく。息子の子育てもできない。生きてるのが辛くて仕方ない。

私自身はすごく落ち込んでたし、悩んでたし苦しんでた。でもそれ以上に私の母は苦しんでたのを知ってた。それでも母は私に何も言ってこなかった。ずっとひとりで我慢してた…。それを知ったのは夜寝れなくて起きてるときだった。

母が泣いてるのをこっそり聞いてしまった。あぁ…私。今とんでもない事をしてしまってるんやと思った。何もできないばかりかこんなにも苦しめてたなんて。ごめんなさい。その一言さえ母に言えなかった。本当にごめんなさい…

© バツイチシングルマザーゆうこの貧乏ブログ , 2022 All Rights Reserved.