貧困は家族の絆さえ断ち切るかもしれん…

投稿日:

うちの家の状況を赤裸々に告白します。はっきり言うと。うちの家庭は崩壊寸前のところまできてる。母も完全に疲れてしまって少し療養が必要なところまで追い込まれてて、訳のわからん事を言ってた。とてもやないけど働きに出せん。そうなると働けるのは私のみ。間違っても小学生の息子を働きに出す訳にもいかんし。YouTuberなんてできひんし…

生活保護の選択肢も最終ラインでは考えんといかんかも。この国の総理も最終防衛ラインに生活保護があるから。と仰られていたくらいなんで。私自体働ける状態にあるのかというと…?正直わからんのよね…。なんでかって言うとうつの状態もいつ発病して酷くなるかわからんから。酷いと全く何のやる気もなく自分を責め続けたりしてる。

終わりのないトンネルにいるような気持ち。同じような病気になった人しかこの苦しみわからんよね…。酷いときは食欲も何もなく布団の中で一日終わる。体はいつもダルいし、心はいつも大雨。それでも働きに行かなあかんよね。母にも迷惑かけとるし、息子にもさ。息子の目を見てちゃんと話せない自分がいた。

たとえ貧困やろうが貧乏やろうが、ちゃんと働いてたらしゃあないって思えるんよね。育ってきた環境とか全然違うし、貧乏でも明るく生活してるとこやってあるし。今うちはやる事もできてないし、まだ諦めるには早い。やるだけやってだめなら生きてくために生活保護もあるかもしれんけど。母は自分の口で働けん。って言ってたから私が母の分まで働いてこの苦しい状況を打破する。

© バツイチシングルマザーゆうこの貧乏ブログ , 2022 All Rights Reserved.