?救いの手?実はブラックじゃなかった?

投稿日:

昨日は土曜日。まだ私は悩み続けていた。介護の仕事はハード極まりない。そこに加えて給料は安いし、おじいちゃん達のお触りもあったりするし、結構大変な事も多い。日常茶飯事やけど…。

そこにきてこのなまった体で働けるか?精神的にも今は少し回復したレベルやし。下手すりゃまたうつが悪化する。でも、そんな言い訳しててもずっと無職のシングルマザー。いつまで経ってもこの状況。そこにきて家族は限界を迎えてた…

たぶん母親も疲れてる。疲れ切ってる。もう限界、経済的にも精神的にも。行って後悔するか、行かずに後悔するべきか?そんな事を永遠考えた。私は母親やのに甘ったれなんかもしらん…。そんな時に内定をくれた施設から電話がきた。

どうされるか決まりましたか?という電話。正直行こうか悩んでるって話をした。よくわからんけど、電話で介護の仕事の意味を聞かせてくれた。介護の仕事はお金を得るためにするんじゃない。みんなの笑顔をつくるためにする仕事。

そんな素敵な仕事。笑顔溢れる職場やから是非来てほしい。って話やった。簡単にまとめると。10分くらいやったけど、すごくありがたい話を聞いてるような感じ。ここで働けば、笑顔になれるしお金も貰える。

つまりは人生豊かになれる。他の職場や施設やったらそんな事、教えてくれへんでしょ?介護で働いていくには心の豊かさを増やしていかないと無理。熱い話を電話越しで震えながら聞いてた。私は勝手にブラックと思い込んでただけかもしれん…

こんな熱い、豊かな職場がブラックなわけないから。働いてお金も得て、心も豊かになれば、母も息子も幸せになれる。私は笑顔をつくる職場に行くことにしました。すごくやる気が出てきました。無職もついに終わります。嬉しいです。

© バツイチシングルマザーゆうこの貧乏ブログ , 2022 All Rights Reserved.