最悪な状況の到来。

投稿日:

人生で辛かったことは数えきれないあるし、人に言えないようなミスも1つや2つ誰でもあるはず。私の場合はそれが少し多い。20代は苦しいながらも耐えて乗り越えてきた。30代半ば。私は家族からも見捨てられそうになった。

帰るべき場所、居る場所があるってことはとても素敵なこと。そんな事にさえ私は気付いてなかった。既に心が崩壊して、どう自分と向き合えばいいかわからんかった。婚活でゆくゆくは結婚したいと言われ、妊娠して、堕ろして、挙げ句の果てに裏切れ。

この時は既に3つのものを失った。そして、今家族からも。合計で4つ。人生最悪なとき。34歳コロナの追い打ちもかけてくる中。私は母の提案を受け入れるしかなかった。

家族3人暮らし。母と私と息子。その中から一旦私が抜けるー。母から言われた。もう限界。という一言にこれ以上私のせいで傷つける訳にはいかないと思った。ごめんなさい。が言えなかった。

私も地獄のような日々やったけど、良くならない私にもっと苦しんでた母。私が悪かった…何もかも。ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。

© バツイチシングルマザーゆうこの貧乏ブログ , 2022 All Rights Reserved.