もの忘れが酷くなり日常生活が送れなくなった…

投稿日:

34歳、息子は小3。シングルマザー。私はかつてない程のピンチに陥っていた。20代の頃と大きく違うところは息子に弱いところを見せられなかったこと。婚活で知り合った男性に騙され、心を踏みにじられ、大切な給付金も中絶という命を断つ行為に使いました。私はだめな母親です。

だんだん食事を摂れなくなり、情緒不安定、夜がくれば何かの恐怖に襲われ不眠症。仕事にも行けなくなり、もの忘れも酷くなり、息子の母として母親らしいことができなくなりました…。家ではご飯さえ作れなくなりました。

息子は卵焼きが大好物です。でもうまく作れないんです。何度か作ろうとしましたが、手がずっと震えてうまく作れない。卵の殻も入ったり、卵焼きもぐちゃぐちゃで…。とても出せない。ママは卵焼きさえまともに作れないとか、息子に心配をかけたくないと思ったから。

でも…隠せなかった。私は日を増すごとに体調が悪くなり、もの忘れも酷くなり、実の母にすぐに病院に行けと言われた。コロナの中。どこの病院に行けばいいのか?冷静な判断すらできなった私は母に連れられ病院に行くことに。

© バツイチシングルマザーゆうこの貧乏ブログ , 2022 All Rights Reserved.