心が壊れて、仕事にも行けなくなる…

投稿日:

私はかつてないほど絶望に苦しんでいました。理由は複数あり過ぎてため息と、悩みと、激しい自己嫌悪で生きることをやめてしまおうとさえ思っていました。①息子と私の給付金20万円を使ってしまったこと。

マジでありえんけどお金がなくてどうしようもなかったから。20万円は大金。これだけのお金を簡単には稼げない。考えなくてもわかる。そんな大金を中絶に使ってしまった。そのうちの半分の10万円は息子の給付金。小3の息子の給付金をなんて事に使ってしまったという後悔。

②20万稼ごうと思ったら一ヶ月以上かかる。そんな大金を一瞬で消してしまった…。それもマッチングアプリみたいなとこで出会った嘘つき男のために。騙された私も悪いよ。だからこそ自分への自己嫌悪が止まらんかった。

③一度は再婚しようと思った相手。愛情から憎悪へ変わる。もし再婚してくれて、普通に働いてくれたら今頃は幸せのど真ん中にいたかもしれない。淡い理想とかけ離れた現実。泣くためにマッチングアプリなんかやってんじゃない。将来笑い合える相手を見つけたかっただけ息子のために。

そんな自分への自己嫌悪が止まらず、時には怒りや憎しみがこみ上げてきて、体まで完全に壊していました。中絶して自分のお腹に宿した命を断ってしまった罪悪感。母親の使命って?私は完全に母親失格。生きてる価値もない。

気付いた頃には食事を取ることもできず、仕事にも行けなくなってしまってました。感情の起伏が激しくて自分でも怖かった。私が私じゃないような感覚だった。体はいつも重くて吐き気が止まらず、夜が来ると頭の中で命を断った赤ちゃんのうめき声のような声に苛まれていました。

体重は減ってかなり痩せた。それもかなり病的に。色々ありすぎて息子にどんな顔をしていいかわからんかった。早く消えてなくなりたい。大切なものを失って私の精神は崩壊した…。

© バツイチシングルマザーゆうこの貧乏ブログ , 2022 All Rights Reserved.