子育ての難しさと貧乏感

投稿日:

子育てに悪戦苦闘してた新米ママ。
もう約8年前くらい前になるけど。
私には昨日のように覚えてる。
毎日が慌ただしく生きてた。
息子の夜泣きと闘い、仕事でもバリバリ働く。
疲れた体に息子の笑顔満点。
疲れもぶっ飛ぶ。それもこれも母の協力もあったおかげ。

本当に有難いことに高校の頃の友達も、
息子の面倒を見に来てくれたりもした。
本当に友達には今でも感謝してる。
未だに高校の頃の友達は独身。
あんまりこんな事書いてるといつかブログがばれた時に
めっちゃ怒られそう…
おい、浩子!!早く結婚するんだぞ。
女の市場価値は厳しいんだ。

本当に色々あったよ。
幼稚園に行くときはもう手がつけられんくらい泣いた。
初めてママと別れて知らん人の渦にいるんだから。
うちは父親がいなかったから寂しい思いさせないように、
いつも息子と誰かいてくれたから。
それがよかったのか、悪かったのかわからんけど、
初めての幼稚園はめっちゃ泣いた。
迎えは笑顔満点だった。
小学校の入学式では、
息子じゃなくママが泣いたw
草だよ。
ついに立場逆転した。なんか入学式の時に色々あった過去の
思い出が蘇って号泣。

めっちゃ恥ずかしかった。
涙腺崩壊。もう年取ったんだと思った。
それもつい3年半ほど前か。
今は息子も小3。
まあちょっと今年は本当に色々あって…
次はその話をしようと思ってる。
シングルマザー34歳(当時33歳)の私。
婚活でとんでもない男に騙される…

© バツイチシングルマザーゆうこの貧乏ブログ , 2022 All Rights Reserved.